「ウルセラ」は世界中で認められているたるみ治療です

最近は、美容医療の世界でも、切らないたるみ治療がとても需要があります。

ごく自然にではあるけれども確実に効果がある治療、リスクが少ない治療が患者様には求められることが多くなりました。
そのようなたるみ治療ができる美容治療の代表が「HIFU(ハイフ)」で、その中でもダントツの人気を誇るのが、やはり「ウルセラ」です。

「ウルセラ」は世界63か国にて承認取得済で、世界中で認められているたるみ治療です。
63か国とは!すごいですよね。

世界中の美容のドクターがリフトアップ治療に「ウルセラ」を選ばれているという事にもなりますよね!

もちろん、日本でも多くのクリニックで治療されており、現在100台以上導入されています。

ウルセラによるたるみ治療が人気のクリニックでは、常に2台体制で治療をしているところもありますし、ウルセラの効果を最大限に引き出すために、敢えて他のHIFUや高周波治療との組み合わせの治療を行っていたりなど、今や、切らないたるみ治療にはかかせない存在となっています。

「ウルセラ」が他のHIFUと違うところは、やはり効果の高さと効果の持続力でしょうか。

施術後、2か月程かけて少しずつ、確実にリフトアップしていきます。

ウルセラは超音波による熱凝固を、皮膚の狙った層にしっかりと作ることができるのがポイントです。

他のHIFU機器でも熱凝固は作られるので、リフトアップの効果は多少ありますが、凝固点の大きさがランダムだったり、深さが深かったり浅かったりと、何となく雑な感じがするものも多くあります。

その点ウルセラの熱凝固は、間隔や深さ、熱凝固点の大きさがすべて均一で緻密性がある印象です。

「ウルセラ」の高い効果と安全性が認められているが故に、類似のHIFU機器がどんどん増えているのだと思いますし、世界中で人気のたるみ治療となっている理由でもありますね。

美しさや若さを自然にキープしていきたいと願う人は多いと思います。

ウルセラをはじめ切らないたるみ治療は、それを叶えてくれる手段の一つではないでしょうか。

大人気の「ウルセラ」、これからは定番のたるみ治療になりそうですね。