「顔マッサージは厳禁です」『ホンマでっか!?TV』の上原恵理医師に聞く美容法

現在たるみ治療で大人気の「HIFU」についてと、たるみを気にされている方が普段から気を付けるべきことについてまとめた記事をみつけました。

表参道スキンクリニックの上原先生がテレビでお話しされていたようです!一体どんな内容だったのでしょうか。

 

そもそもたるみ治療とは?

きれいに消えるシミとは違い、「たるみの治療はすごく難しい」と上原先生。
皮膚をベッドのマットレスに例えると、「たるんだ肌は、規則的に並んだスプリングがバキバキに壊れている状態。そこにキレイなスプリングを生やすのがたるみの治療。」そのため、たるみ治療の考え方は、「たるみの軽い状態を維持して、例えば40歳のたるみのままで60歳を迎えるような綺麗を目指す感じです」

おすすめのたるみ治療は?

「騙されてHIFUを3回やって」みて!

治療法はたるみの場所や度合いでさまざまですが、上原先生のおすすめは、「HIFU(ハイフ)」という超音波レーザーによる治療。
超音波を一点に集中させ、目的の深さにピンポイントでやけどを作ることで、脂肪組織を破壊したり、皮膚を引き締めたりして、たるみを引き上げるそうです。

「お肉って焼くと縮みますよね? それと同じイメージで、肌の中に人為的にやけどを起こして、伸びてびろ~んとなった部分を縮めていくんです」

初めの3回は3ヶ月に1回、4回目以降は半年~1年に1回くらいのペースで続けると、10年先にはかなりの差がついているようです。

なるほど。HIFUがどのようにたるみに効くのかがイメージしやすい説明ですね。

「HIFU」の美容機器はたくさんありますが、その中でも効果が高いと言われるのは、「ウルセラリフト」。ウルセラは皮膚の4.5㎜や3.0㎜の深さに熱を加えるので、弛んでしまった皮膚をグッと引き上げたり、皮膚の上に乗っかったたるみの原因の脂肪も引き締めることが可能です。

上原先生のHIFUについての体験談は、

「片側だけにHIFUを3,4回施して、効果を比較する実験をしたとき、『私はこの実験で『HIFUすごい!』と感じました。ただ、ブルドックみたいなたるみが20代の張りに戻るわけではないので、たるみの強い人は、初めは効果実感が薄いかもしれません。
なので、私はいつも“騙されたと思って”ではなく“騙されて”3回やってと言っています(笑)」

元々のたるみの程度によっては、何度か定期的に行う事でじわじわ効いてくるようです。
少しづつ若返るイメージですね。効果の出方や持続など、ある程度ドクターから伝えてもらえると、安心できますし、治療の目安にもなって嬉しいですね。

その他、ご自身での日々のスキンケアで注意すべきことも先生はお伝えしていました。特に「肌を擦ることは厳禁」とのことです。
顔筋マッサージや、コロコロマッサージ、日々の洗顔などの摩擦も極力無い方が、やはりたるみ知らずの肌でいられるらしい。1回でどうこうではないかもしれませんが、継続することで皮膚や皮下組織のダメージが蓄積されて、結果たるみを引き起こしてしまうのですね。

「HIFU」で計画的なたるみ治療を開始するにあたり、自身でのケアも今一度見直してみるのもいいかもしれません。

 

 

記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00976948-jspa-life

1/15(水) 15:47配信

女子SPA!

 世に広まった間違った美容法にSNS上でメスを入れ、数多の女性を絶望させている、表参道スキンクリニックの上原恵理先生。

ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)への出演で知ったという人も多いかもしれませんね。

 

たるみ「騙されてHIFUを3回やって」

 きれいに消えるシミとは違い、「たるみの治療はすごく難しい」と上原先生。皮膚をベッドのマットレスに例えると、「たるんだ肌は、規則的に並んだスプリングがバキバキに壊れている状態。そこにキレイなスプリングを生やすのがたるみの治療」というから、確かに難しそうです。

そのため、たるみ治療の考え方は、「たるみの軽い状態を維持して、例えば40歳のたるみのままで60歳を迎えるような綺麗を目指す感じです」

治療法はたるみの場所や度合いでさまざまですが、上原先生のおすすめは、「HIFU(ハイフ)」という超音波レーザーによる治療。超音波を一点に集中させ、目的の深さにピンポイントでやけどを作ることで、脂肪組織を破壊したり、皮膚を引き締めたりして、たるみを引き上げるそうです。

「お肉って焼くと縮みますよね? それと同じイメージで、肌の中に人為的にやけどを起こして、伸びてびろ~んとなった部分を縮めていくんです」

初めの3回は3ヶ月に1回、4回目以降は半年~1年に1回くらいのペースで続けると、10年先にはかなりの差がついているようです。

なお、こちらは上原先生が顔の片側だけにHIFUを3,4回施して、効果を比較する実験をしたときの写真。見るからに右と左で違いますが、左右それぞれに反転合成した顔を見ると、元が1枚の同じ写真とは思えないほど差は歴然。

「私はこの実験で『HIFUすごい!』と感じました。ただ、ブルドックみたいなたるみが20代の張りに戻るわけではないので、たるみの強い人は、初めは効果実感が薄いかもしれません。なので、私はいつも“騙されたと思って”ではなく“騙されて”3回やってと言っています(笑)」

ちなみに、HIFUは照射の深さが3タイプあり、3ミリだと脂肪を破壊してくれるとのこと。たるんでほうれい線に載った頬の脂肪をなくせば、ほうれい線自体も目立ちにくくなるそうです。

とはいえ、上原先生は「広い範囲に照射していたら、脂肪が減り過ぎて頬がコケちゃったので、やりすぎ注意です」と、体験談を交えた注意喚起もされていました。

※編集部注:HIFUは、国民生活センターから「エステサロン等で皮下組織に熱作用を加え危害を及ぼすHIFU施術を受けてはいけません」と呼びかけがありますのでエステでは受けないよう注意しましょう。