【EXITりんたろー。】美容に目覚めた理由。そして、変わったこと

その顔を見ない日はないであろう人気急上昇中のお笑いコンビ『EXIT』

チャラ男ならではの小気味よくテンポの良い漫才は、一度聴いたら忘れることのない新しいスタイルのしゃべくり漫才として人気を誇っています。

そんな斬新なネタを手掛けており、ツッコミ担当であるりんたろー。さんが、自分に欠かせないものとして語ってくれた『美容』。

「美容への努力を惜しまない姿勢」を堂々と打ち明けたその姿は、男性だけでなく美容に目がない女性の背中も後押ししたに違いありません。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a6504cf843ea1bb1546d09658a0dc919ee3a00

 

美容から得られる精神的満足感

どのようにコンプレックスと向き合うかは人それぞれ。

「小さい頃からコンプレックスはめちゃくちゃありました。肌が弱くて、紫外線アレルギーもあったから、湿疹ができやすくて。
友だちから『ぶつぶつ』『ニキビ面』とイジられて『ああそうか……』と落ち込みました。
二十歳の頃は顔の大きさをみんなにいじられて、お金が貯まったらすぐに顎を削ろうと思ってました(笑)」

本気で整形を考えていたりんたろー。さんですが、コンプレックスを笑いに変えてプラスに考えるようになっただけでなく、人前に立つ機会が増えたことでコンプレックスと向き合うようになったそうです。

 

コンプレックスと向き合うにあたり、始めたことが『美容』

美容は手軽に受けられるホームケアから、リラクゼーション効果の高いエステレベルのものや、痛みやダウンタイムを伴いながらも確実な効果を得られる医療レベルのものまで、その方の要望に合わせて幅広く取り入れることが出来ます。

りんたろー。さんは、まず身だしなみ程度のケアからスタートしていますが、新しい美容法を探しては手当たり次第受けるようになった現在では、ボトックス注入やHIFU(ハイフ)、全身脱毛など本格的な美容医療も取り入れるようになり、見た目に明らかな変化を遂げることで『精神的満足感』を得られるようになったそうです。

 

「新しい美容法を探すだけで楽しいし、手当たりしだいに試してみたいんです。見た目に明らかな変化があると、テンションが上がるんですよね。
番組の〈プチ贅沢〉という企画でボトックスを打ったときも、めっちゃ上がりました。おでこに8本打ったら、皺が明らかになくなったんです。
怖いし痛いしでめちゃくちゃ面白く撮れたのに、大人の事情でオンエアできなかったのは残念ですけど、ボトックスを打ってもらえてラッキーでした。
挑戦しやすい値段で効果があったので、早くまた打ちに行きたいっす(笑)」

シワが無くなったことで美容医療の虜になったりんたろー。さんは、以前整形について調べた際に美容にもリスクがあることを知ったと言います。

ダウンタイムが長期的に強く出る治療は明らかな変化を遂げやすいものの、それなりにリスクを伴うため、どなたでも気軽に受けられるものではないかもしれません。

それでも多くの方がリスクを回避し極力ダウンタイムを出さずに、変化を遂げたいと思うのではないでしょうか。

 

時には美容家のような探求心も必要!?

りんたろー。さんが関心を示す美容施術はダウンタイムやリスクの少ないものが特徴的ですが、それでも『精神的満足感』を得られるほどの変化や効果が目に見えて実感できる点が美容医療の魅力でしょう。

例えば、誰しもが必ず直面する老化現象。

老化による代表的なお悩みと言えば『たるみ』です

たるみは、20代後半頃から現れる老化現象の一つですが、従来のリフトアップ治療と言えば、皮膚を切開し、SMAS表在性筋膜を引き上げて皮膚や脂肪を持ち上げることで、額や頬、口元や首などのたるみを根本的に解消する『フェイスリフト』で改善されるものでした。

もちろん手術療法なので、リスクやダウンタイムは付き物です。

また、切らずにたるみを改善する代表的な治療として『サーマクール』が挙げられますが、サーマクールはリフトアップを目的としておらず、高周波(RF)でたるみによるボリュームを引き締め、リフトアップしたように見せる治療となります。

しかし現在では、切らずに自然とリフトアップ出来る治療『HIFU』がたるみ治療として定着しつつあります。
美意識の高いりんたろー。さんもHIFUでのたるみ治療を取り入れているそう。
そんな大人気なHIFUですが、人気故に、機械の種類や効果やダウンタイム、痛みに関する情報もどんどん増え、今や「HIFUをやってみたいけど、多すぎて何がいいのかよくわからない。。。」という声もよくききます。

エステサロンでも、リフトアップ効果があるなどとうたわれた様々なHIFU機器が出回っていますが、リフトアップ効果においてFDAの認可を取得しているHIFUの最高峰は、医療機器である『ウルセラ』であり、その知識と技術が認められた認定医のみが治療を許されているため、まずエステサロンで受けることは出来ません。

医療機関でも同じです。
同じHIFUでもウルセラの類似品がたくさん出回っているため、類似品で治療を受けた方によると「ウルセラだと思って受けたのに違った」「効果が感じられなかった」など、残念な感想を耳にすることは少なくありません。

「外見を磨いたら仕事が増えるし、テンションも上がる。いいことしかない!」と、語るりんたろー。さん。

多くの美容治療があふれている今日、いろんな見解があるでしょう。

どの美容施術を選択するかは、自分自身です。

もし、りんたろー。さんのように、外見の変化を遂げることで人生を向上させたいのであれば、基本的な美容知識を身に付けることは大事かもしれませんね。

ハイフ(hifu)治療が受けられるクリニック