木村拓哉が老け顔から復活、たるみ解消&若返りの秘策を美容外科医が分析

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1366234213e96392c67aa5db717a6f565502308b

2016年12月のSMAPの解散から4年が経ち、解散直後も変わらずドラマや映画、CMに休むことなく出演していた
木村拓哉さんですが、その際に話題になったのが、顔のシワやたるみによる”ブルドックフェイス化”・・・

つまり”年齢と共に誰にでも生じる”老化”でした。

ジャニーズとして10代からアラフィフまで活躍し続けること自体凄い事なのですが、長い間「イケメンといえばキムタク」という世の中での存在感の周知が、より老化によるビジュアルの変化に対して驚いてしまうのでしょう。

もちろん一般的なアラフォー・アラフィフの方と比べると、木村さんはとても素敵な年齢の重ね方をされていると思います。

しかし、ネットでは急激に老けてしまったと一部騒がれていたことも・・・。

週刊女性PRIMEでは、美容整形外科 高須クリニックの高須克弥院長による掲載で過去に、木村さんの老化の原因ついて分析した記事がありました。

2019年の記事には、木村さんはサーフィンによる紫外線の光加齢と、仕事や家庭などの精神的なストレスによる老化ではないかと分析されていました。

しかし今年スタートした木村さんの『マクドナルド』や『日産自動車』のCMで再びルックスに注目が集まっています。

アラフィフになっても変わらない「かっこよさ」を前面に出した姿に多くの人が驚かれたのは、以前より顔の“たるみ”が軽減していたことです。

50歳を目前に、たるみが増えても減ることはあるのでしょうか?

またほうれい線やフェイスラインがスッキリしたのはどうしてなのか?

ポリスのごとく、有名人の顔やボディ、プチ整形疑惑にまで鋭く目を光らせている、
ネットウォッチが趣味のOL・プラ美と、美容ライター・イム子のアラフォーコンビが真相を調査!

今回のターゲット 木村拓哉

プラ美とイム子:「たるみが引き上がり、フェイスラインがスッキリした理由とは?」

回答者:美容整形外科『高須クリニック』 入谷英里医師

 

入谷先生によると、木村さんはかなり痩せた気がするとのこと。
2019年2月のお写真と現在を比較すると5キロ以上は痩せたのかもしれないとのことです。

入谷先生:ご家族が痩せている、というのは食生活なども“太らない”スタイルなのだと思いますよ。
工藤さんはSNSでヘルシーな手料理をよく載せていますし。
でも、食事制限だけでは顔がこけたりシワになったり、たるみます。

 

たしかに・・・
妻の工藤静香さん、2人娘のkokiさん・cocomiさん一家全員がスタイル抜群ですよね。

食生活や運動、ライフスタイルは外見・内面にも大きく影響を与えますので年齢を重ねた今、より健康美を意識されているのかもしれません。

顔の引き上げメニューを施した可能性も

入谷先生:木村さんのようにお忙しい方は、こめかみや耳の周りを切開してたるみを引き上げるような外科的方法はダウンタイムなどの関係で難しいと思います。
それに男性は短髪の方が多いので、傷跡が目立ちますしね。
そう考えると、あくまで可能性ですが「ウルセラ」か「サーマクール」が考えられますね。

顔に機器を当てて照射するだけなのでダウンタイムの心配もないですし、半年に1回程度行うとたるみやシワの対策ができるので、女優さんはもちろん、男性芸能人にも大人気なんですよ。

顔全体をリフトアップするので、シワも目立たなくなりますが、さらにきれいに仕上げるなら「ウルセラ」などと合わせてヒアルロン酸を適量、注入するといいかと思います。

特に木村さんはいい具合にシワを残してあるので、いかにも「ヒアル顔」になってないのがいいですね。

_____とのこと。

やはり、傷が残らない、ダウンタイムの少ない
「ウルセラ」は人気ですね。

ウルセラで肌内部や筋膜に熱を加えてダメージを受けた部分の自己再生力(創傷治癒)によってコラーゲンが生成され、組織自体が引き締まっていくのでリフトアップも自然な仕上がりになります。

半年~一年を目安に定期的に行うだけでいいので多忙な方にもおすすめできます。

「ウルセラ」ではどうしても改善しきれない刻まれてしまったシワには、適度にヒアルロン酸等を組み合わせるとより凹凸がなめらかに仕上がります。

どちらにしても、筋肉や肌組織などの顔の解剖学を熟知した先生にお願いしたいですね。

ウルセラをご希望の場合は、「ULTHRAPY GOLDEN RECORD AWARD」というウルセラのメルツ社から表彰を受けているクリニックだとウルセラの稼働率や症例数も確実に多いので、受賞しているクリニックのHPを検索してみるのも良いクリニックを探す手がかりになります。

日焼けしてしまったら、内と外からケアを

木村さんは以前に、サーフィンなどによる光加齢も指摘されていました。

入谷先生:日焼けは百害あって一利なし!
読者のみなさんにも日焼け対策はスキンケアの第一事項として、絶対におすすめしたいです。
木村さんの少し乾燥したような肌感も、痩せたからという理由と、長年の日焼けのせいかもしれません。

高濃度ビタミンCを点滴するなど、体内からできるケアをすることがおすすめです。

これは「ウルセラ」と合わせて定期的にやるのがいいですね。

イム子:内と外からですね、効きそうです。

では最後に、木村さんがこれからもジャニーズ代表イケメンで居続けられるような、
美的アドバイスをお願いします!

入谷先生:まず痩せすぎないこと!
男女ともにむやみに痩せるとシャープになるというより、しぼみますから。
定期ケアとしては美容・美肌点滴や「水光(すいこう)注射」で肌にハリと潤いを。
あとは「フォトフェイシャル」や「ウルセラ」、「サーマクール」でたるみ・くすみ対策を。
そしてどうしても気になる箇所には「ヒアルロン酸注射」や、しわ取りに効く「ボトックス注射」などの注入ケアですね。
ただし、ボトックスは筋肉の働きを弱めることで表情が硬くなってしまう場合もあるので、役柄とご相談くださいね!

肌のたるみ、肌の質感などの総合的なアンチエイジングには、ウルセラ+αでコンビネーション治療をしていくと、肌の深い層~浅い層までのケアができますね。

フェイスリフトや糸リフトなどの外科的処置以外で肌の土台となる”筋膜”まで作用できるのはHIFU(ハイフ)機器のみです。
リスクが少なく、自然なリフトアップ効果を得たい方には、やはり「ウルセラ」がお勧めです。

総合的なアンチエイジングとなると、たくさん種類がありすぎてなにから始めたらいいのか困惑してしまいますが、ほうれい線・マリオネットライン・フェイスライン・目周りなどの加齢によるたるみには、肌の深い層までアプローチのできる「ウルセラ」や「サーマクール」がおすすめです。

その他、加齢による肌質の悩みに対しては
しみ・・・「フォトフェイシャル」や「レーザー」
小じわ・保湿・ハリ・・・「水光注射」や「美容液の導入」
部分的な刻まれたシワ・凹み・・・「ヒアルロン酸注射」
表情ジワ・・・「ボトックス注射」

など、主に行うクリニックが多いでしょう。

総合的なアンチエイジング=肌表面(肌質)のケアと肌内部(たるみ・シワ)のケアをどちらも早いうちから行ってあげる事が、何年後かに差がでてくるのではないかと感じますね。