口まわりにハイフ(hifu)

老けて見えてしまうマリオネットライン(唇の両端から下に伸びる2本の線)や、口角の下がり・歪みがハイフ(hifu)によって改善されます。

口元

筋肉の衰えが原因で起こる口元のたるみ。
不機嫌なように見えるへの字の口元は、他人にマイナスなイメージを与えてしまいます。
口角がキュッと上がった口元は若々しい表情になるだけでなく、気持ちも若返らせてくれるでしょう。

 

効果

口角を上げてニッコリ好印象に

口元へのHIFU治療は、口元のたるみや口角を上げて表情を明るくする効果が期待できます。
口元のたるみがひどいと、口角が下がってへの字のような口に。
への字の口は険しい表情を作り出し、疲れて見えたり不機嫌な印象を与えたりしてしまうのです。
HIFUで口元のたるみを改善することで口角が引き上がり、常に笑顔で明るいように見せます。

マリオネットラインの解消にも

口元のHIFU治療は、マリオネットラインの解消にも役立ちます。
マリオネットラインとは、唇の両端からあごに伸びる線のこと。
腹話術師が使うマリオネット人形に似ていることからその名がつけられました。
マリオネットラインは表情筋の衰えやフェイスラインのたるみが原因で現れます。
口元は顔の中心にあるため、切るリフトアップでは効果が得られにくいそうです。
HIFUを照射することにより、表情筋を刺激してマリオネットラインを改善します。

※口元は神経が豊富な部位なので4.5㎜などの深い層に熱が加わるHIFUは照射出来ないことがあります。

 

費用相場

費用相場を調べてみると、口元のみをメニューとして扱うクリニックはほとんどありませんでした。
多くのクリニックでは、顔全体の治療に含まれている場合が多いようです。
クリニックの公式サイトで具体的な表記が確認できないときは、医師に直接質問してみましょう。

 

口元のHIFUを受けた人の口コミ、体験談

加齢とともに顔全体がたるんでしまいました。
たるみに対しては、基礎化粧品やマッサージでは効果がないと感じて施術を受けようと決意。
ネットで調べて見つけたクリニックでカウンセリングをしてもらった際、先生に「ウルセラ」を勧めていただきました。
「ウルセラは痛い」と知っていたこともあって最初は迷っていましたが、マリオネットラインや口元のたるみを切らずに治療するにはウルセラが一番という先生の親身なアドバイスで施術に踏み切れました。
念の為、クリームによる表面麻酔をし顎下~口元、頬、目元、額、首にウルセラを照射。
多少の痛みはありましたが、麻酔のおかげで少し楽に感じました。
施術後、ほうれい線と口元のたるみが軽くなり、フェイスラインが若干引き締まったと実感。
肌のハリも戻って嬉しかったです。
2ヶ月くらいさらに変化していくとの事でしたので、楽しみにしています。

(女性・50代)