ハイフ(hifu)効果を高める方法

効果をより高める方法
ここでは、最新のたるみ治療HIFUの効果をさらに高める方法について紹介しています。

年1、2回繰り返すとより高い効果を実感

「ウルセラ」のような皮膚の4.5㎜や3.0㎜の深い部分にアプローチをかけるHIFUは、1回の治療で数か月(2ヶ月程度)かけてたるみを徐々に改善していく治療法で、効果は半年から1年と言われています。
年に1、2回ほど繰り返して治療を行うとより高い効果を実感できるという方が多いようです。

 

1~2ヶ月間隔で定期的に繰り返すことで効果をより実感

皮膚の比較的中層~浅い部分(1.5㎜~2.0㎜)に照射をするHIFUは、1~2ヶ月間隔で定期的に施術をすることで効果がより実感できます。
浅い部分の治療は、効果の実感は即日ですが、効果の持続はウルセラ等よりは短い傾向にありますので、少し短いスパンで治療をすると効果的です。

 

ハイフ(hifu)での組み合わせで効果を実感

上記の治療を組み合わせるのもお勧めです。
年1、2回ウルセラなどの皮膚の深い部分のHIFUでたるみを土台から引き上げ、メンテナンスで浅いHIFUを定期的に行うのも、さらに効果を高めるのにお勧めのやり方です。

 

サーマクールとの併用で最大限のリフトアップ効果

ウルセラは肌の深い層へのアプローチには効果がありますが、焦点式の超音波なので、広範囲へのアプローチには限界があります。
そこで、サーマクールを併用することにより、ウルセラではカバーしきれない皮膚の層にも効果を行き届かせることができるので、最大限のリフトアップ効果が期待できます。
この2つを同日に照射する場合は、皮膚全体の引き締め効果ととものに深部の引き上げ効果も期待できます。
通常はそれぞれ別の日に照射をするのが望ましいそうですが、仕事が休めない、費用面をクリアしている人にとっては同日照射がもっとも効率的と言えそうです。

 

最大限の効果を出していくには

もっとも効果的なのが、フェイスリフト手術後にウルセラ治療を行う方法です。
その理由として、フェイスリフト手術は耳の前を切開し、口元やあごから離れた位置で筋膜を引き上げるので、口元のたるみ改善には限界があるからです。
フェイスリフトは明らかな改善が得られますが、ウルセラを併用することにより、さらなる若返り効果が期待できるため、ひとつの選択肢として考えてみるのも良いかもしれませんね。