ハイフ(hifu)向きな顔

ハイフは主に、下顔面のたるみに最適とされています。
その為、下記のような方にハイフ(hifu)をオススメします。

①顔が痩せているけど、たるみが気になる


たるみは、主にリフトアップさせるか、タイトニングさせるかで改善されます。
若々しい印象を保つには、お顔に少しボリュームがあり、ふっくらした印象も必要です。
その為、痩せ型でたるみが気になる方は、あまりタイトニングさせずに、たるみにアプローチする必要があります。
HIFUの場合は、基本的な効果はたるみのリフトアップになりますので、痩せ型の方でも、ボリュームロスを心配せずに治療を受けられます。

 

②下顔面のたるみ(マリオネットライン・ほうれい線)が気になる


HIFUが特に効果を発揮するのは、お顔の下側、顎下、フェイスライン、マリオネットライン付近です。
よくお顔の「下顔面」ともいわれます。
フェイスラインが下に流れて口元に溜まってきたマリオネットラインや、頬が下垂してほうれい線に乗っかってきてたるみが目立つ場合などは、とても効果的だと思います。
マリオネットラインは若い時にはあまりみられず、年齢と共にたるみによって出現する場合が多いので、
HIFUでしっかり引き上げてケアをすることをお勧めします。

 

③フェイスラインが気になる(顎の輪郭がはっきりしない・顎下のだぶつき)


フェイスラインのたるみは下垂しやすいので、HIFUでリフトアップさせてあげると、輪郭が綺麗に整います。
効果がはっきり現れるとフェイスラインの形がU型でぼんやりしていたのが、スッキリしてV型にシャープになっていきます。
顎下に関しては、皮膚や皮下組織のたるみの場合はよく効きますが、脂肪の多い二重アゴの場合はあまり効果的ではないかもしれません。

 

④小じわ改善やハリ感がほしい


HIFUの中でも、皮膚の表層に近い部分に照射するものだと、皮膚の表面のトラブルにも効果が期待できます。
例えば、小じわや、皮膚の緩み、たるみが関与しているたるみ毛穴などです。
HIFUの1.5㎜や2.0㎜などの比較的浅い部分のHIFUを細かく照射することで、肌にハリが出て、表面が綺麗に整うでしょう。

 

⑤顔を持ち上げると印象が若返る


例えば、自分で顔を上に引っ張ってみたり、髪をポニーテールにしてみたりすると顔の印象がリフトアップして若々しくみえるのが分かると思います。
HIFUはこのような状態に近づけるのが目的のたるみ治療なので、その状態のお顔にしたい希望がある方にピッタリです。
皮膚が元々硬い方や、たるみがとても軽度な方はあまり変化が無いかもしれません。

 

⑥手術をせずに、たるみをどうにかしたい


フェイスリフトの手術も皮膚の筋膜へアプローチをかけますが、切らずに機械で筋膜にアプローチをかけることができるのも、現在ではHIFUのみになります。
他のたるみ治療は、真皮層の収縮、新生がメインですので、筋膜まではなかなか届きません。
特に、HIFUのなかでも4.5㎜の深さのものは筋膜へのアプローチが可能なので、リフトアップさせることが可能です。
もちろん効果の程は手術には及びませんが、傷を作ったりのリスクもなく、繰り返しの治療が出来、自然な範囲で上手にアンチエイジングができますので、たくさんのメリットがあると思います。

 

⑦疲れた顔が気になる


たるみ含め、肌にハリが無い状態や、血行不良で顔色が悪いなども、疲れ顔を増長させる原因です。
HIFUは、上記のお悩みにアプローチをかけることが出来ますし、治療の深さによって効果が分かれますので、たるみをぐっと上げたいなというようなときは、4.5㎜や3.0㎜の深いものをチョイスし、少し顔色が悪いな、肌にハリが欲しいなという時は1.5㎜や2.0㎜など比較的浅い部分の治療をするのがお勧めです。
もちろんすべていっぺんにケアする事もできます。
続けて治療していくとより若々しい印象になり、多少疲れている時でも、お顔の見た目にはそこまで影響が出なくなると思います。

 

⑧最新のたるみ治療を受けてみたい


たるみ治療は、タイトニングさせることでたるみを改善させる方法が主流でしたが、
HIFUは切らずにリフトアップできるというのが最大の魅力です。
HIFUは最新のたるみ治療で、最近では様々なHIFU治療機器があり、施術が出来るクリニックも増えております。
「たるみ」が気になる方はぜひ一度お試しください。