エラボトックス とハイフ

「HIFU」はあくまでたるみ治療なので、筋肉の厚みや、脂肪の厚みで顔が大きく見えるタイプの方にはほとんど効果がありません。

HIFUでたるみがスッキリしても、筋肉、脂肪は量が多いとわりとそのままです。

例えば、お顔立ちでも、エラ部分(咬筋)が張っていて、顔の形が四角やベース型に見える方などは、そこに先に少しアプローチをかけてみると、HIFUによるたるみ治療の効果もより実感できるかもしれません。

「エラボトックス」+「HIFU」

エラボトックスは、ボトックスをエラ部分(咬筋)に注射し、筋肉を痩せさせ、ボリュームを落とす方法です。

エラがほとんどない方には効果が分かりづらいかもしれませんが、エラ(咬筋)が張っている方には非常に有効な方法です。

効果がはっきり出てくると、あきらかに顔の幅が小さくなります。ぐっと噛みしめる力の強いや歯ぎしりなどがある方は、少しそれがしづらくなります。

ボトックスによりエラがスッキリしてから、HIFUでたるみ治療をすると、よりフェイスライン部分がシャープになり易いと思います。

エラボトックスに関しては、あまりやり過ぎると、逆にたるみが生じる事もありますので、その辺はきちんと見極める必要があります。

咬筋はわりと大きい筋肉ですが、その筋肉があることである意味肌にハリが保たれていたりします。

エラボトックスをやり過ぎてたるむ場合は、口の横にたるみが溜まって、マリオネットラインが過度に出現する場合があります。

そういったたるみ予防や、マリオネットラインの改善にも「HIFU」治療を組み合わせるのは有効です。

 

▼▼Googleで検索してみる▼▼