RF(高周波)

高周波によるたるみ治療

RF(高周波)は熱の力で真皮層内のコラーゲンを収縮させることができ、たるみが生じた肌を強力に引き締めます。

たるみが生じる原因は、肌の真皮層内のコラーゲンが加齢や外的な刺激によるダメージで弾力を失ったり、密度が減ったりすることがあげられます。

RF(高周波)を照射すると、一時的に熱で真皮細胞にダメージが加わりますが、それが修復される過程で大量のコラーゲンが生成されます。

皮膚のコラーゲンが増えることで、肌にもハリが出て、たるみの改善に繋がります。

 

たるみの種類も様々ですが、RF(高周波)はたるみのタイトニング(引き締めること)が得意なので、どちらかというとお顔にボリュームがあり、小顔にしたい方に向いています。

RF(高周波)は引き締めるのが得意なので、お顔のボリュームが無い痩せ型の人が積極的に行うと、ボリュームがダウンして逆に老けた印象や疲れた印象になることがあります。

RF(高周波)はたるみの治療にはかなり幅広く取り入れられており、顔のたるみはもちろん、痩身や、美肌治療などにも積極的に行われています。

同じRF(高周波)でも機械もかなりの種類があり、気軽に肌のメンテナンスで受けられるものもあれば、重度のたるみをしっかり治療できるレベルのものまで様々です。

 

RF(高周波)の最高峰の機械としては、「サーマクール」が有名です。

「サーマクール」は現在一番最新のもので「サーマクールFLX」になり、たるみを強力にタイトニングさせることが出来ます。

効果は強力ですが、痛みやダウンタイムは以前のものよりも随分と楽になっています。

RF(高周波)はHIFUと組み合わせて治療をすることもお勧めで、よりたるみに対しての相乗効果を出すことも出来ます。

RF(高周波)治療でボリュームをダウンさせ、少しタイトニングさせておくと、HIFUのリフトアップ効果がより出やすくなるともいわれているので、たるみをしっかり改善させたいかたにはお勧めだと思います。

 

▼▼Googleで検索してみる▼▼