スレッドリフト・フェイスリフト

スレッドリフト・フェイスリフトによるたるみ治療

フェイスリフト手術とは

顔のたるんだ筋肉を引き上げて、しわやたるみを伸ばす手術です。

一般的に皮膚のたるみだけを切って引っ張るというわけではなく、ある程度皮膚を剥離(皮膚を裏側から剥がすこと)してSMAS(筋膜)から引き上げます。

皮膚だけを切るとあまり変化がなかったり、傷の幅が広がったりする可能性があるからです。

剥離を広くすると、術後の戻りが少ないというメリットがありますが、腫れが強く出るなど、身体への侵襲が大きくなります。

フェイスリフト手術は皮膚のたるみを確実に減らすことが出来る唯一の方法ですが、加齢により時間が経つとまた自然なたるみが出てきます。

手術直後はかなり引きあがりますが、やや不自然に感じられることもあります。

フェイスリフト手術の方法として

ほうれい線や頬のたるみを改善させる目的で、耳の前で上から下まで切る方法やほうれい線の改善をピンポイントに耳の上側を最小限に切るミニリフトと呼ばれる方法、またフェイスラインのたるみを改善させる目的で、耳の下側から裏まで切る方法、ほうれい線、頬、フェイスラインの全てを改善させるトータルリフトと言われる方法等があります。

効果で考えれば、手術以上の若返り効果がある方法はないと言えます。
しかし、身体への侵襲も大きく傷痕は一生残ります。
手術後も加齢によるたるみは出てくるという事は理解しなければなりません。

 

スレッドリフトとは

皮膚を切除することなく、顔の中に専用の特殊な糸を入れて引き上げる方法です。

使用する糸(スレッド)の種類により、得られる効果や持続期間、費用が異なります。

短い細い鍼と極細の吸収糸を埋め込み、皮膚に吸収される過程で皮下組織に刺激を与えコラーゲンの生成を行うショッピングスレッドリフトから始まり、近年はコメカミの皮下(側頭筋膜)を固定点として長い糸で皮下組織を引き上げるタイプのリフティング方法が増えてきています。

使用する糸も以前は非吸収糸が多く使われていましたが、現在は吸収糸が主流になってきており、植物性やポリマーや生分解性ポリマーなど体内に分解吸収されるものから作られています。

吸収糸の種類として

滑らかで突起がない糸、TWIST系と呼ばれる1~2本以上の糸を組んだ糸、コグ系と呼ばれる突起がある糸などがあり太さも種類も様々です

スレッドリフトのメリットとしては、即時効果が高く手術に比べてダウンタイムが少ないと言えます。
また、大きく切開することはないので傷跡も残りません。
デメリットとしては、非吸糸の場合、異物として体内に残り様々な弊害を及ぼす可能性があります。
吸収糸の場合も溶ける時間は個人差があり、効果が1年にも満たないという例が多いと言われています。
糸が表面上に浮き出てきてしまうという事例も多く、その場合、糸が溶けるのを待つか、切開し糸を取り除く方法しかありません。

▼▼Googleで検索してみる▼▼