ハイフ(hifu)と癌の因果関係

堀ちえみさんも患った舌がんにウルセラは関係あるのか?

ステージIVの舌がんを患い、2月22日に11時間にわたる大手術を受けた堀ちえみさん

そんな堀ちえみさんの病気について、ある噂が駆け巡っている。

◆照射の痕がバーコードみたいに残る

「実は堀さんは何年か前から、韓国の美容整形にはまっていたんです。最初は脂肪吸引やアンチエイジングのための注射でしたが、その後に気に入ったのが『ウルセラ』というレーザー美容。頰やあごにレーザーを当ててリフトアップする施術です。一部ではこのレーザー整形が堀さんの体に何らかの悪影響を及ぼしたのではないかと囁かれているんです」(芸能関係者)

確かに堀のブログを見ると、頻繁に韓国の美容クリニックを訪れていた形跡がある。

2016年7月、韓国の美容外科を訪れた堀は、《脂肪の固まりを焼いてもらいました》と報告。2017年7月にも渡韓し、《シンデレラ注射を点滴。シンデレラ注射は、日本では芸能人注射とも呼ばれているそうです》と紹介した。ちなみに「シンデレラ注射」とは、抗酸化成分やビタミンCなどの美肌成分が入った注射のことで、韓国では人気が高い。そして2018年3月には、美白効果のある「ルチオン注射」の後、ウルセラを受けたと書いている。

《ウルセラ効果、もう出てきた。ウルセラというレーザー、顔がキューって、引っ張られているよう》

堀が絶賛するウルセラとはどんな施術なのか。リッツ美容外科大阪院院長の志賀由章さんが解説する。

「ウルセラは治療マシンの名称で、皮膚の最も深い層にある『SMAS層(表在性筋膜)』に高密度の超音波をピンポイント照射する施術で、皮膚とSMAS層を引き締めて、頰やあご下のたるみを改善できます。照射で熱ダメージを受けた組織は治癒作用が起こるので、コラーゲン生成が促進され、皮膚にハリや弾力も出ます」

ウルセラは「切らないフェイスリフト」と呼ばれており、その効果は科学的にも証明されている。

「ウルセラは、日本の厚労省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)で唯一、リフトアップ効果が認められた医療機器です。日本では自由診療で、費用が30万円ほどかかります。施術直後から効果があり、半年から1年以上効果が持続します」(志賀さん)

“整形大国”の韓国では、あらゆる施術が日本より安価で受けられることが多い。このウルセラの相場も日本より10万円ほど安いとみられている。

注意すべきは、日韓でウルセラの使用法が異なることだ。韓国在住のある美容外科医が指摘する。

「同じアジア人でも、日本人と韓国人の肌質はだいぶ違って、一般的に日本人の方が皮膚が薄いんです。だから日本人が韓国で施術を受けるのは、体への負担が大きい。しかも、韓国は一度に大きな効果を得ようとして、強力なレーザーで治療を行う傾向がある。韓国でウルセラを受けた日本人には、照射の痕がバーコードみたいに肌に残ってしまう人もいます」

志賀さんもこう指摘する。

「レーザーの超音波の周波数は調節できるんですが、推奨されているレベルがあるんです。でも韓国の場合は効果を高めるため周波数を強くして照射することが多いと聞きます。あまり強くすると、筋層が不可逆的な炎症を起こしたり、皮膚がやけどするなどの副作用が出ることも考えられます。また韓国では、医療機器を模造して製造することがあると聞くので、韓国ではFDAの承認を受けていないものが使われている可能性もある」

◆舌がんとの関係は?

韓国のネット掲示板でも「ウルセラを受けてから頭痛と手のしびれがとれない」「顔の皮膚がずっとムズムズする」「痛くて、血が通ってない感じがある」など後遺症に苦しむ患者の声が多く書きこまれている。前出の芸能関係者が言う。

「堀さんはウルセラを頻繁に受けていたんじゃないかな。彼女がブログに書いた以上に、顔の印象が変わる頻度が多かったので…。堀さんが舌がんを発表した後、“私も気をつけないと”って怖がっていた女優さんもいましたよ」

舌がんとの関連性はどうか。志賀さんは「発がん性との関連は聞いたことがない」と指摘し、前出の韓国在住の美容外科医はこう語る。

「ウルセラが舌がんの原因になるという医学的な根拠はありませんが、レーザーを当てると皮膚の神経が鈍って麻痺することがあります。堀さんの場合は、それでがんの前兆である口内炎の痛みや重症化に気づきにくくなっていた可能性はあるかもしれません」

韓国の整形事情に詳しい医療ジャーナリストの大竹奉一さんは、こう警鐘を鳴らす。

「整形手術は病気を治すのではなく、健康な体にメスや熱を加える行為。体への負担は決して小さくありません。過度に整形を繰り返したことで、健康被害に遭った例は、韓国でも多数報告されています。美容整形自体は悪い行為ではありませんが、体を傷つける以上、その後の体の状態には、細心の注意を払う必要があります」

美と健康は相関関係にあることを忘れてはいけない。
楽天WOMAN

この記事を見ると舌がんとウルセラのハイフ(hifu)には因果関係はないと言えますね。

一過性の神経麻痺によって舌がんの前兆に気づくのが遅くなってしまった可能性があると言うことですね。

しかし現在たくさんあるハイフ(hifu)はウルセラの類似品(コピー商品)でありその安全性は確立されていません。

ハイフ(hifu)機器で米国FDAからリフトアップ効果があると承認を得ているのはUlthera(ウルセラ)のみとなります。

FDAとは、【アメリカ食品医薬品局】のことで、日本の厚生労働省にあたる公的機関です。

ハイフ(hifu)でのたるみ治療は神経や血管なども多い深さ4.5mmのSMAS層もターゲットとしています。

そのため、解剖を熟知した医師の施術が必要となります。

上記を考えるとエステで行うハイフ(hifu)には危険性があると言う事ですね。

ハイフ(hifu)治療は必ずクリックで受けましょう。

ハイフ(hifu)治療が受けられるクリニック